年間10万円削減も!ENEOSカードのメリット、デメリットを徹底比較!

ENEOSカードというカードがあります。

ENEOSカードはENEOSスタンドを使わない方でも持つべき素晴らしいカードです!

 

ENEOSスタンドを使わない人がENEOSカードを持っても意味ないんじゃ……?

なぜENEOSスタンドを使わない人にとっても持つべきなんですか?

ENEOSカードは”すべてのドライバーに安心を”というコンセプトの元作られています。

私はENEOSスタンドを利用しておりませんが何度も助けられています♪

 

ENEOSカードの公式サイトはこちらからどうぞ!

ENEOSカードはどこで使えるの?

ENEOSカードはJCBブランドで発行できます。

 

ENEOSカードが使えるお店はENEOSスタンドの他、JCB加盟店全店舗で利用できます。

JCB加盟店はコンビニ、スーパー、ショッピングモール、ユニクロ、更には昭和シェル石油といった全国チェーンから個人店まで利用可能ですよ♪

 

JCB加盟店を調べるにはネットで調べるか、レジで直接聞くか、レジ前にある案内看板を見るか、お店の入り口にあるシールを確認する方法があります。

 

最近では国による方針としてキャッシュレスが推奨されているため、更にたくさんのお店が使えるようになるでしょう。

ENEOSスタンドで給油が最大7円も割引!

ENEOSカードには3種類あり、それぞれ割引率が異なります。

割引額はCやPが多いものの、Sは実質的に年会費が永年無料で利用できますよ♪

ENEOSカードCENEOSカードPENEOSカードS
年会費
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 年1回以上利用で次年度年会費無料
 割引額1リッター/1~7円
※利用額によって変動
 1リッター/3%還元 1リッター/2円引き

 

自分にとって最もオトクとなるカードが何かわからない場合、カード診断が用意されているのでこちらを使ってみるとわかりやすいでしょう。

2台以上車を所有している世帯や趣味がドライブの方はENEOSカードPを、それ以外の方はENEOSカードSを選べば間違いないでしょう!

ENEOSカードはETCカードの発行手数料・年会費が無料!

現在では低金利ということもありETCカード発行手数料やETC年会費を徴収するカードが多いです。

しかしながらENEOSカードは発行手数料・年会費が両方無料です!嬉しい配慮ですね!

 

ETCを利用することによって高速道路料金は大幅に割引を受けることが出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください♪

最大50%割引も!ETCのメリット・デメリットを徹底比較!
ETCはなくても高速道路は走れます。それでは、なぜETCをオススメするのでしょうか?なぜなら、ETCを設置に必要なお金よりも遥かに多いメリットが受けられるからです!まずETC設置のメリットとデメリットを見てみましょう...

ENEOSカードはロードサービスが無料!

私がENEOSカードをイチオシする最大の理由はロードサービスが無料であることです!

無料とはいえ保証もしっかりしており、全国9600箇所の出動拠点とネットワークによって30分以内に現場に駆けつけてくれますよ♪

 

例えば日本で最も大きいロードサービス会社を利用した場合、最大10290円+工賃が発生します。

仮に夜11時に10kmの牽引を行った場合、10290円+牽引料7200円+作業工賃で安く見積もっても20000円を超えるでしょう……。

一方で永年無料のENEOSカードは同じ条件のロードサービスが無料です。

ENEOSスタンドを普段利用しない方でも持っておくべき最大の理由ですね。

年会費無料で他にロードサービスが無料で受けられるガソリンカードはありますか?

ロードサービスが無料で使える年会費無料のガソリンカードは他にありません。

これこそENEOSカード最大のメリットですね。

ENEOSカードのロードサービスのサービス内容

ENEOSカードに付帯するロードサービス内容は以下の通りです。

サービス項目サービス内容ENEOSロードサービス
レッカーサービス※1レッカー車による移動10km までは無料
路上修理(30分以内)キー閉じ込み開錠サービス30分以内は無料
バッテリージャンピング
タイヤパンク時の交換作業
落輪時の引き上げ作業※2
ガス欠時給油作業
その他30分以内の作業

一般的なロードサービスの内容は全てカバーしています。

30分以内の作業とは、到着し作業を初めて30分以内なので、大抵の場合全て無料で賄うことができます。

 

ENEOSカード1枚あれば他にロードサービスは必要ありませんね!

 

ENEOSカードならカーコンビニ倶楽部で修理費用が割引

車を運転していると、不可避な事故や、飛び石によるキズやヘコミが目立ってきますよね。

愛車が傷ついているところを見ると車好きでしたら誰でも悲しいです……。

 

そんなキズやヘコミも、ENEOSカードを会計時に見せればカーコンビニ倶楽部で修理費が5%も割引されますよ!

また、ENEOSカードを提示するだけで割引が受けられるのも地味なメリットです。

現金派の方は現金で支払うことも可能ですし、他のクレジットカードやプリペイドカードをお持ちの方はそちらで決済してもOKです。

 

どれだけ気をつけていても、キズやヘコミは回避できない場合もあります。

そんな修理も安くしてくれるなんて、うれしいですね^^

ENEOSカードならレンタカー利用料金も割引

このブログの読者の方々は、大抵自分の愛車を持っていると思います。

 

しかしながら、スノボーのようにアウトドアに行く時や荷物をたくさん積みたい時など、自分の車では間に合わないケースがありますよね?

ENEOSカードなら、全国約800ヵ所のオリックスのレンタカーネットワークで10%割引のご優待が受けられます!

 

また、ENEOSカードを提示するだけで割引が受けられるのも地味なメリットです。

現金派の方は現金で支払うことも可能ですし、他のクレジットカードやプリペイドカードをお持ちの方はそちらで決済してもOKです。

私はスノボーに行きますが愛車ではボードが乗りません。

都度4WD+スタッドレスタイヤのモデルをオリックスレンタカーでレンタルしています。

ENEOSカードにおけるポイントの特徴は?

ENEOSカードはポイント付与がカード事によって異なります。

ENEOSカードCENEOSカードPENEOSカードS
一般加盟店で利用1000円毎6P(0.6%還元)1000円毎6P(0.6%還元)1000円毎6P(0.6%還元)
ENEOSスタンドで利用利用金額毎に請求時値引(ポイント付与なし)1000円毎30P(3%還元)1000円毎20P(2%還元)
 ENEOSスタンドで給油利用金額毎に請求時値引(ポイント付与なし)1000円毎30P(3%還元) なし

現在のクレジットカードのポイント還元率は0.5%が基本ですから、0.6%は少しだけ優遇されています。

しかしENEOSスタンドでの利用や給油ではより多くの還元が受けられ、無料のENEOSカードSで2%、ポイント還元に特化したENEOSカードPでは3%の還元率となりますよ!

 

ENEOSカードのポイントの価値は1ポイント=1円

ENEOSカードS、Pを利用してたまったポイントは、同価値のギフトやカー用品の他に1ポイントあたり1円で請求額から値引として利用できます。

 

ポイントの有効期限は2年と、非常に長い期間となっています。

キャッシュバックやカー用品にも利用できますから非常に利便性の高いポイントとなっていますね。

まとめ

ENEOSカードの素晴らしさがわかっていただけたと思います。クレジットカードは怖い…という方も、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

私も初めてのクレジットカードはENEOSカードSで、ドキドキしながらネットから応募しました。(笑)

現在では昭和シェルで給油していることもありENEOSで給油することはなくなったものの、JAFを解約しロードサービス目的でENEOSカードを所持しています。

給油スタンドが別でも持ったほうが良いのがENEOSカードの特徴ですね!