初めての方でも大丈夫!ETCを利用する時の注意点を見てみよう!

便利でオトクなETCですが、注意点がいくつかあります。

このページではETCの注意点について解説します。

ETCについて詳しく知りたい方や、無料のETCカードについてはこちらをご覧ください。

ETCはなくても高速道路は走れます。それでは、なぜETCをオススメするのでしょうか? なぜなら、ETCを設置に必要なお金よりも...

ETCを利用する時の注意点は?

ETCを利用する時に気をつけなければならない点があります。

  • 中古品を購入した時、前の車からの載せ換え、ナンバープレートの変更
  • ETCカードの有効期限
  • ETCカードの取扱い

これらのポイントに気をつけなければなりません。逆に言えば、

これらのポイントさえクリアしていればETCを快適に利用できますよ!

一つずつ解説しましょう!

中古や載せ換え、ナンバー切り替えの時には注意!

この注意点は新品であれば注意する必要はなく、中古でETCを購入した方や、前の車から載せ換えた方、ナンバーを切り替えた方は気をつけてほしい注意点です。

ETC車載器を購入した場合、ETCと車を紐付けするセットアップと呼ばれる作業があります。

新品のETCの場合、取付作業のときにセットアップも同時に行うので問題ないのですが、中古品や前の車からの載せ換えの場合、再セットアップと呼ばれる作業が必要となります。

セットアップの作業については、こちらから御覧ください。

ETCのセットアップはやるべきなのですが、どこに頼めば良いのでしょうか?

もしも再セットアップをせずETCを利用すると、ETCの規約違反となるので気をつけてくださいね!

このページでは、ETCを再セットアップしないまま高速道路を通行するとどうなるのか解説します。

また、再セットアップを行わなければ最大10%値引きとなるETCマイレージにも登録出来ません。

あまり知られておりませんが、ETCマイレージの節約効果は強烈です。

ETC車載器のセットアップ作業は個人ではできませんので、ディーラーやカーショップで行えます。

私はディーラーでやってもらいましたよ!2700円で可能です。

ETCカードの有効期限に注意!

ETCカードはETC車載器に置きっぱなしにする方が多いと思います。

ETC車載器によってはETCカードの有効期限を読み上げてくれるものもありますが、読み上げてくれないものもありますから、ETCカードの期日には注意しましょう。

ETCカードの有効期限は3~4年程あり、有効期限が切れた時問題がなければ自動的にクレジットカード会社がETCカードを送付してくれます。

新しいETCカードをもらったら必ず新しいカードに切り替えてくださいね!

ETCカードの取扱に注意!

ETCカードはクレジットカードと紐づけされています。

ETCカードには決済機能がないのでショッピングには使えないものの、他人のETCカードがあれば高速道路を走れてしまいます。

特に外から見えるダッシュボードにETC車載器が設置している方の場合、盗難リスクが大きくなる傾向があるようです。

盗難されてもすぐにETCカードの利用をストップしてもらうようにクレジットカード業者に連絡すれば良いですが、その作業が面倒な上届くまでETCが利用できないのは痛手です。

盗難には気をつけてくださいね!

レンタカーでも注意!

ETCカードを入れっぱなしにしてしまうクセのある方の場合、レンタカーにETCを置き去りにしてしまう方も多いようです。

レンタカー業者が保管してくれることが多いですが、レンタカーショップまで取りに行くのも二度手間となります。

ETCカードをレンタカーに置き去りにしないように気をつけてくださいね!

ETC車載器にETCカードを必ず入れること!

ETC車載器にETCカードを挿入しなければETCカード発行業者に請求できなくなるので、ETCレーンに入っても通り抜けることが出来ません。

最近ではETCレーンに入る直前にETCカードが未挿入の案内がされますのですぐに路肩に移動できますが、予め入れておくことに越したことはありません。

ETCカードが入っていなければエンジン始動時に音声案内で警告が出るので、確認してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ETCを利用する上での注意点をまとめてみました。

この注意点にさえ気をつけておけばETCはオトクで便利に利用できますから、ぜひとも利用してみてくださいね!