車検はなぜやるの?

車検は海外ではやってないのですが、日本では1年もしくは2年に1度受ける必要があります。なぜ受けなければならないのでしょうか?

車検を受けないといけない理由は、「道路の持ち主である国が定めたルールであるから、守らなければならない」からなのです!

……これだとしっくりこないかもしれません。このルールはなぜ設定されたのか理由がわかりにくいですからね。

車検を行う理由は、「すべての人が安全に走行できるため」

車検では、ブレーキパッドの調整・確認や、ヘッドライトの点灯状態、タイヤの状態、オイル周りといった様々な消耗部分や必要不可欠な部分を一気に確認し、必要に応じて交換します。

車検を定期的に行うことによって高速道路での走行不能となるような最悪な状態を事前に回避し、みんなの共有物である道路を安全に使おう!というのが目的なのです!

また、車検を行うとかかる費用の半額程度は税金です。この税金は道路の修復や橋の建設等に使われ再び我々に還元されるようになっていますよ!

ちなみに、車検を切らせた状態で走るとどうなるのか?

詳しい解説ページを追々書く予定ですが、法律違反ですから絶対にやめてくださいね!

車検は本当に高いからこそ、ネットで見積もりという選択を!

車検は自動車保険と違い優良ドライバー割引ありませんし、古い車ほど価格が上がります。

愛車に長く乗れば長く乗るほど、車検という維持費が大きくなります。

更に「事故を事前回避する」という目的がある上、素人から見るとパーツの消耗具合はさっぱりわからないまま交換するケースが多いのです。

ですからいいようにパーツを取り替えて、車検手数料も持ってかれて……ということが往々にしてあります。

ひどいことに車検のうち半分近くが税金で出来ているため、せめてもの節約とクレジットカードでの決済をお願いしても断られてしまいます。

そこでオススメしたいのがネットで車検を見積もることです!

ネットで車検を見積もればお店に出向いて見積もりを行う手間もかからず便利ですよ!

楽天車検であれば、郵便番号を指定し付近の車検実施場を一括検索できる楽天車検がオススメです。

郵便番号を指定して車検見積額を比較する楽天車検について見積もり手順を画像付きで解説しています。