ETCを再セットアップしないと最悪逮捕も! 3つの問題を解説!

ETCを利用するためには、”ETCの再セットアップ”と呼ばれる手続きが必要となります。

しかしながら経験が有る方もいらっしゃるかもしれませんが、ETCは再セットアップせずとも利用可能です。

再セットアップをせずETCを利用し続けると様々な問題点があり、最悪の場合違法行為となるケースもあります。

ETC車載器の再セットアップのやり方はこちらで解説しています。

ETC車載器はセットアップや再セットアップを行わなければ最悪の場合逮捕される場合があります。 それでは、ETCのセット...

それでは改めて、ETCの再セットアップについて詳しく解説しましょう!

ETCの再セットアップをしないと生じる3つの問題

ETC再セットアップを行わない問題

ETCの再セットアップを行わずETCを利用する場合、どういった問題が有るのでしょうか?

再セットアップをしないことによる問題は、以下の3つが存在します。

  • ETCの利用が拒否される
  • ETCマイレージが使えない
  • 不正支払をしてしまう危険性がある

様々な問題がありますが、この中でも不正支払いは非常に危険な問題です。

不正支払を行った場合、違法行為として逮捕されるケースもあります。

まずはETCの利用規約違反についてご解説しましょう。

1.ETCの利用が拒否される

ETC車載器の利用拒否

ETCシステムを管理している一般社団法人 ITSサービス高度化機構ITS-TEAによると、ETC利用規定より、このように書いてあります。

セットアップ部分のみ抜粋しましたが、それでも長いのでセットアップに関して下記の赤い枠で要約してあります。

  • .省令第4条第1項第三号に規定する一般財団法人が定める方法により、第二号で取得した車載器を通行料金の支払いに必要な情報を記録して利用可能な状態にすること(以下「セットアップ」といいます。)。ただし、二輪車(道路運送車両法第3条の小型自動車又は軽自動車である二輪自動車(側車付二輪自動車(またがり式の座席、ハンドルバー方式のかじ取り装置及び3個の車輪を備え、かつ、運転者席の側方が開放された自動車であって、三輪幌型自動車として登録されている自動車を含みます。以下同じです。)を含みます。)をいいます。以下同じです。)でETCシステムを利用する者は、セットアップに先立ち、ETCシステム取扱道路管理者が別に定めるところに従い、所定の事項をETCシステム取扱道路管理者に登録すること。

以上の文章を要約すると、このように要約されます。

  • ETC車載器を取り付けたらセットアップを所定のお店で行うこと
  • ETC車載器を載せ換えたりナンバーが変わったら再セットアップを行うこと
  • セットアップを行わないと利用規約違反になり、高速道路の利用ができなくなることがある

ETCの再セットアップを行わない場合利用規約を違反となるため、ETCの利用を拒否される恐れがあります。

事前通知なく利用ができなくなるため、要注意です。

高速道路を利用しようとETCレーンに入ったらバーが上がらない……という事が起きてしまうと、とてもじゃないけど最悪な気分ですね……。

ETCの利用を拒否されないためにも、事前にETCの再セットアップは必要不可欠です。

ETC利用規定違反の最大のデメリットとしてETCの利用を拒否される可能性があるということを忘れないで下さいね!

2.ETCマイレージが使えない

ETCマイレージの失効

ETCマイレージをご存じない方も多いでしょう。

ETCマイレージとはETCの利用額に応じて最大10%還元されるシステムです。

高いETC利用料を抑えることが出来る素晴らしい還元システムですよ!

ETCマイレージの詳細はこちらをご覧ください。

あまり知られておりませんが、ETCマイレージの節約効果は強烈です。

ただし、ETCマイレージの利用はETC車載器の再セットアップを行わなければなりません。

ETCマイレージを再セットアップせずそのままETCを利用しようとするとETCマイレージの登録が抹消されてしまう可能性もあります!

別のETC車載器でETCマイレージを貯めていた場合ポイントが全て消滅してしまいますから、これは絶対に避けたいですね……。

ETCマイレージを利用している状態でナンバープレートや車両を変更した場合には、必ずETC車載器の再セットアップを行いましょう。

3.不正支払ををしてしまう可能性がある

ETC車載器 違法

これはETCの載せ替えを行った場合、発生してしまう問題です。

不正支払を行ってしまった場合、最悪の場合逮捕されてしまう可能性もありますよ!

それではETC車載器の再セットアップを行わない際、どういったケースで不正支払を行ってしまうのでしょうか?

高速道路の料金は車両のサイズによって料金が違うのは見たことがあると思います。

高速道路の価格はカメラや人力で決定しているのではなく、ETC車載器に登録されている情報から決定しています。

ETC車載器のセットアップ時に軽自動車で登録し、再セットアップせず普通車に載せ替えるとETC車載器の情報は軽自動車のままです。

このまま高速道路を走行すると軽自動車の料金となってしまう為、不正通行となり詐欺罪で訴えられてしまう場合があります。

実際に逮捕されている人もいますから、絶対に真似しないようにしてくださいね!

ETC車載器の再セットアップのやり方は?

ETCをセットアップしないことによるデメリットを挙げてみました。

ETCのセットアップは時間も費用もかかりますが、これらデメリットを考えると絶対にやるべき作業ということがお分かりいただけたと思います。

ETC車載器の再セットアップについてこちらで解説しています。

ETC車載器はセットアップや再セットアップを行わなければ最悪の場合逮捕される場合があります。 それでは、ETCのセット...

ETC車載器は必ずセットアップしてくださいね!